アラサー女性が年下彼氏をつかまえる方法について




気づくとあっという間にアラサーになっていたものの、結婚はおろか彼氏も未だ見つからずに焦り始める女性は少なくありません。晩婚化のこの時代、アラサーでのんびりしているとあっという間に四十代手前に突入し、結婚や恋愛に対するハードルがますます高くなってしまい、アラサーのときにもっと頑張っておけば良かったと後悔してしまうのはあまりにも勿体ないですよね。

そんなアラサーの女性にとって、結婚の前に重要なのは当たり前ですが彼氏を見つけることです。現在、年下彼氏と付き合う女性が増えてきていますが、その割合は比較的アラサー世代で多いことをご存知ですか?友達や職場の同僚などでも、恋人が年下彼氏というひとはちらほらいるのではないでしょうか。

年下彼氏のメリットと言えばいつまでもこちらの気分も若くいられることや、上手に甘えて来てくれて可愛い反面、リードしてくれるところでは年下とは思えないほど男としてしっかり引っ張ってくれる、そんなギャップが魅力的ですよね。また、お互いに譲り合い、男女で対等な関係が結びやすいところも良いところかもしれません。

自分も年下彼氏と付き合いたい!でもどうやってつかまえればいいの?という方にまず知っておいてほしいのは、年上の女性を好む男性は、女性に対等な関係を求める傾向があるので、ある程度のしっかりした社会性や経済力があることが前提となる場合が多いです。そしてなんといっても、年上女性ならではの余裕と包容力が大事になってくるのではないでしょうか。同世代の女性とは違う落ち着き、物の見方や考え方、受け入れる度量などに惹かれる場合が多いようです。また、そんな大人っぽいなかにも、少女のような純粋さや可愛らしさなどが垣間見えると、それは強力なギャップとなって相手を引きつけます。

気をつけたいのは、つい「もう年だからさ、おばさんだし」などとわざと自虐的な言い方をしたり、「その年齢だとまだ分からないかもしれないけど」など年下というだけで見下すような態度をとってしまわないようにすることです。気を許すと、相手より自分の年が上だとついついそのような態度に出てしまうことは意外と多いので気をつけましょう。そのような態度をとられると、年下の男性もプライドを傷つけられたり幻滅したりしてしまうことがあります。

年下彼氏を作りたい場合は、大人の女性としての強みを生かして余裕を持って、ただし純粋さや可愛げは決してなくさず、堂々とアプローチしていきたいものですね。



婚活で成功するのは自分磨きも大切




婚活をはじめて半年ぐらいになります。スタッフの方がいろいろと気を使ってくれて、とても安心して婚活しています。
一か月に2人ぐらいの方を紹介してもらっています。どの方も真面目な方がおおく、素敵だなと思います。

でも、こちらがよくても結構断られることが多くて困っています。。
何か私に問題があるのでしょうが・・自分を客観的にみるのって難しくて、。スタッフの方は私には問題ないと言ってくれますが、。
婚活アプリ


もっと女子力磨いてどんどん婚活していきたいなと思っています。





婚活パーティーへ行ってみましょう




出会いがない、かといって紹介してもらったり、合コンを開いてもらうツテがないという方も多いと思います。そういう方は、思い切って、婚活パーティーに行ってみてはいかがでしょうか?ネットで調べると、いくつかの会社がいろんなコンセプトを設定したパーティーを開いています。「おひとり様歓迎」、「婚活を初めたばかり」などのキーワードも並んでいるので、そういったコンセプトのパーティーを選べば、一人浮いてしまうという心配もありません。ガツガツするのはちょっとという方は、個別に数人とお話しするタイプのものもあるので、そういう形式を探してみるとよいと思います。婚活サイト一覧

それぞれ特徴が異なる婚活アプリが次から次へとマーケットに提供されていますが、アプリを選ぶ時は、どんな婚活アプリが自分に相応しいのかを分析しておかないと、時間も労力も水泡に帰してしまいます。
合コンへの参加を決意した理由は、当然ですが恋愛目的の「恋活」があらかたで1位という結果。しかし、友達作りで参加したと考えている人も割といます。
あちこちの媒体で相当レポートされている街コンは、遂には国内全域に普及し、街おこしの切り札としても定着していると言っても過言ではありません。
ランキング上位に位置しているクオリティの高い結婚相談所はサポートも充実しており、ありきたりにパートナー候補を見つけてくれるだけでなく、デートの情報や食事の席でおさえておきたいポイントなども助言してくれるなどお得感満載です。
再婚を希望している方に、ぜひ推奨したいのが、パートナー探しのための婚活パーティーです。少し格式張った結婚相談所がお世話する出会いより、さらにフレンドリーな出会いになるはずですから、ストレスなしに出席できます。

街コンと言ったら「異性と出会える場」だと考える人が割と多いみたいですが、「理想の人に出会うため」でなく、「たくさんの人とふれ合えるから」という考え方をして参加している人達もいます。
街コンによっては、「偶数(2名や4名)での申し込みのみ可」などと条件が提示されている場合があります。このような前提がある時は、一緒に参加してくれる人がいないとエントリーできないのです。
最近人気の結婚情報サービスは、年齢や職業といった条件を設定することにより、サービス契約しているたくさんの人の中から、理想に近い異性を探り当て、直接または担当スタッフを通してパートナー探しをするサービスです。
オープンな雰囲気の婚活パーティーは、異性とリラックスして話し合えるため、メリットは多々あるんですが、初めて会う場で相手の本当の人柄を判断するのは無理だと割り切っておいた方がよいでしょう。
日本における結婚の価値観は、古くから「恋愛結婚こそ至上」というふうになっており、配偶者探しに結婚情報サービスを活用するのは「恋活の失敗者」という肩身の狭いイメージが定着していました。

たいていの場合合コンは全員で乾杯し、その勢いのまま自己紹介を開始します。合コンの中でも一番不安になるところですが、これさえ乗り切れば緊張から解放されてトークやゲーム、ちょっとしたイベントなどで場が華やかになるので平気です。
「知り合ったのはお見合いパーティーなんですよ」という体験談をちょいちょい小耳に挟むようになりました。それが当たり前になるほど結婚活動に熱心な人々にとって、欠かせないものになったわけです。
昔ならではのお見合いでは、多かれ少なかれ正式な服を用意する必要がありますが、お見合いパーティーであれば、心持ちおしゃれに決めた洋服でもスムーズに参加できるので緊張しすぎることはありません。
過半数以上の結婚情報サービス業者が個人情報を記載した身分証明書の提出を必須条件に掲げており、取得したデータは同じ相談所に登録した人しか見られません。さらに興味をもった人をピックアップして連絡する手段などを開示します。
よく目にする出会い系サイトは、多くの場合監視する体制が整っていないので、下心をもった不心得者も入り込めますが、結婚情報サービスの場合、身元が明確になっている人じゃないとサービスへの参加ができない仕組みになっています。







婚活の時に注意したいこと




単なるパートナー探しではない婚活の中で、特に気をつけたいことをご紹介します。
結婚を見据えてのパートナーを探すとなると、男性女性関係なく相手に求めるハードルを上げてしまいがち。また、相手を値踏みするように接してしまうのはNGです。はじめはお付き合いする相手として、自分を偽ることなく自然体でお付き合いできそうかどうかから見ていきましょう。
また、結婚とは両家のお付き合いなども考えていかなければいけませんので、相手のご両親への思いや親密さも見ておきたいものです。
婚活サイトおすすめ


関連記事


AX